ぬり薬の捨てかたでもう迷わない!時間をかけないかんたんな方法とは

ぬり薬の正しい捨てかたは、医療用の薬と市販薬でちがいます。医療用の薬は医療機関へ持ち込み、市販薬は各家庭で容器と薬を分けて処分するのが正しい捨てかたです。しかし、容器から薬を取りのぞき切れない場合は可燃ごみとして処理することもできます。        

怪我をしたときや肌がかぶれて炎症が起きたときなど、
症状を早く回復させるために薬を使用する場面が多々あります。

しかし、薬は必要なときだけ使うため
「使い切らないまま使用期限が過ぎてしまう」といった問題点があります。

ここでは、使用期限が切れた薬の正しい処分方法をお伝えします。
使わなくなった薬は、放置せずに早めの処分をおすすめします。

 

医師に処方された薬の捨てかた

医師が処方する薬は「医療用医薬品」とよばれます。
不要になった医療用医薬品は、薬局などに持ち込むと分別・処分してもらえます。

医療用医薬品は市販薬にくらべると効果が高いため、
誤った使いかたをすると人体や環境に予期していない影響をあたえる可能性があります。
そのためドラッグストアなどでは販売されず、医師の指導のもとでしか使用できないのです。

したがって、医療用医薬品は家庭で処理するより専門の医療機関に持ち込むほうがかんたんで安全です。
処方された薬が余ってしまい捨てかたに困ったときは、受診した病院や薬局へ相談してみましょう。

 

市販薬の捨てかた

市販薬は、現在では「OTC医薬品」とよばれます。
処方せんがなくてもドラッグストアなどで買える薬を指します。

市販薬は医療従事者ではない人でもあつかえるよう、安全性がもっとも重視されています。
そのため、各家庭で処分しても問題ありません。

ここでは、市販薬の捨てかたを解説します。

 

分別による捨てかた

薬の正しい捨てかたは、薬と容器を分けて処分する方法です。
薬と容器の捨てかたは、次のようになります。

 

薬の捨てかた

薬は可燃ごみとして焼却処理することで、環境への流出を防げます。
ぬり薬にはさまざま形状の薬があります。
種類ごとの捨てかたは以下の通りです。

 

【液体・クリーム・ゲル】

水分を含む薬は、ビニール袋にキッチンペーパーや新聞紙などを詰めたところに取り出し、
水気を吸収させましょう。

その後ビニール袋の口を密閉してもれないようにし、可燃ごみとして捨てます。
固形に近い薬はサランラップに包んで捨てる方法もあります。

クリームやゲルは水に溶けるので大量の水と一緒に水道に流すこともできます。
しかし、環境汚染や薬剤耐性菌が発生する原因となりますので、できるだけ流さない方法をとりましょう。

 

【軟膏】

軟膏もキッチンペーパーや新聞紙に取り出し、可燃ごみとして捨てましょう。

軟膏は衣服などにつくと落ちにくいので、作業時には注意が必要です。
また、水に溶けないので水道には流さないようにしましょう。つまりの原因となります。

 

【貼付剤・テープ剤】

いわゆる湿布薬などの肌に貼り付けるタイプの外用剤は、
粘着面どうしを合わせてまわりに接着しないようにし、可燃ごみとして捨てます。
ただし、包装も可燃ごみとして捨てられるかどうかは自治体によるので、確認しましょう。

 

【スプレー剤】

ガスによって薬剤を噴射する外用剤は、まず風通しの良い場所でスプレーの内容物をすべて出し切ります。
その後、穴あけなどを使いスプレー缶に穴をあけたうえで自治体のルールに従って捨てます。

 

【散剤(粉末)】

飛散しないように紙やラップに包み、可燃ごみとして捨てます。

 

容器の捨てかた

ぬり薬の容器はボトルやビン、チューブなどさまざまなタイプがあります。

いずれのタイプも、容器に付着した薬をできるだけ取り除き、
自治体のルールに従って容器の材質ごとに分別して捨てます。
容器の材質は、容器本体や外箱に記載されています。

液体やクリーム、ゲルは、水で洗い流せるので比較的かんたんにきれいにできます。
薬を取りのぞいた後の仕上げとして水洗いをすると、流れる薬の量はごく少量で済みます。

また、チューブや一部のプラスチッック容器は、ハサミで切り開くと内部を洗浄しやすいです。

 

分別しない捨てかた

軟膏のように粘度が高い薬や複雑な形状の容器では、
容器に付着した薬をきれいに取りのぞけないこともあります。
そのような場合、無理に取りのぞく必要はありません。

日本病院薬剤師会と日本製薬工業協会が共同で作成した
「医薬品容器包装等の廃棄に関する手引き」に、次のような記載があります。

 

医薬品が付着した容器包装は焼却処理します。

引用元:手引きを利用するにあたって|医薬品容器包装等の廃棄に関する手引き(改訂版)|
日本製薬工業協会 
2.分別廃棄フローチャートの解説、(2)非感染性廃棄物の分別 より
http://www.jpma.or.jp/information/environment/disposal/dispo01.html

 

また、公益社団法人 神奈川県薬剤師会がおこなった
「医薬品の保管と廃棄についての調査報告書」においても、点眼薬やチューブ類に入った医薬品は、
容器ごと可燃ごみとして捨ててよいと述べられています(※1)。

 

容器から薬を取りのぞく作業は時間がかかり、家庭でおこなうには限界があります。
洗浄がかんたんな薬だけでも容器をきれいにして分別し、
それ以外の薬は容器ごと可燃ごみとして捨てましょう。

ただし自治体によって焼却設備に差があるため、対応がことなる可能性はあります。

 

かんたんに取り出せる薬だけでも容器と分けて捨てる

ぬり薬は薬や容器の種類が多く、内容物が残っていると捨てかたに困ります。

しかし、ほとんどの薬は可燃ごみとして捨てることができます。
薬が付着して取りのぞけない容器も、焼却が推奨されています。
薬の捨てかたに迷ったときは、可燃ごみとして処分しましょう。

ただし、薬をできる限り容器から取りのぞき、
自治体のルールに沿って分別することが理想的な捨てかたです。
かんたんに洗浄できるものは、薬と容器をきれいに分けて捨てるようにしましょう。


※1

参照元:医薬品の保管と廃棄についての調査報告書(公益社団法人 神奈川県薬剤師会 医薬品適正使用調査委員会)
https://www.kpa.or.jp/wp/wp-content/uploads/2015/05/3e989103f18d5d68299db57ed82aca01.pdf

Scroll Up